窓から外を眺める

専業主婦のつぶやき 

林千勝という人の本を読んでみたい

 日本はなぜ戦争をしたのかという疑問を解消したくて、

 

NHKスペシャルで戦争特集を見たり、歴史番組を見たりするが、

 

全く疑問は解消されていない。

 

江戸時代は平和な戦争のない世の中だったのに、

 

なぜ日本は戦争をするようになったの?

 

なぜ大陸に進出したの?

 

なぜ東南アジアへ進出したの?

 

で、どうして地球の裏側にあたるアメリカと戦争したの?

 

 

この疑問に関係する本は、どうやら「保守」と言われている人が書いているらしいと分かってきた。

 

ユーチューブで「チャンネル桜」という保守系の番組を見ると、

 

戦争関係のことが扱われていると分かった。

 

 

私は「左翼」と言われからかわれることがある。

 

左翼・革新の考えを持っている自覚はないが、「チャンネル桜」に抵抗を感じるから

 

「左翼」というからかいは外れていないみたい。

 

 

居心地の悪さを感じながら「チャンネル桜」を見て、林千勝という人を知った。

 

何冊か戦争関係の本を出している人だ。

 

書店になかったので取り寄せて読もう。

 

 

私の祖父は憲兵だった。

 

ドラマでも映画でも、憲兵は悪役だ。

 

社会主義の思想家を拷問死させるシーンが多い。

 

私が物心つく前に祖父は亡くなったので、どんな人だったか知らないが、

 

曲がったことが嫌いだった・・とか、農業を継ぐのが嫌だった・・とか、

 

子煩悩だった・・などと聞いていて、ドラマや映画で見る憲兵と結びつかない。

 

太平洋戦争での敗戦で、「何か」が大きく変わり、

 

日本は敵国だったアメリカと親密になった。

 

曲がったことが嫌いで子煩悩だった憲兵は冷酷に人々を取り締まる者と描かれるようになった。

 

敗戦前の憲兵がどのような存在だったか、全くイメージできない。

 

何がどう変わって憲兵は悪役になったんだろう?

 

戦後の悪役の姿しか知らない。

 

戦前はどんな存在だった?

 

今描かれている姿が真実なの?

 

ホントはどうなん?

 

 

今描かれる姿が悪すぎるという気持ち悪さを何とかしたい。

だったら結婚するなというヤジ

選択的夫婦別姓についての審議で、

 

「だったら結婚しなくていい」というヤジが飛んだとネットの記事で知った。

 

 

結婚すると、夫か妻か、どちらかの姓に変わる。

 

山田さんと山内さんが結婚したとしたら、

 

山田夫妻・山内夫妻というカタマリになる。

 

山田夫妻と呼ばれるようになると、山内の名前は消滅し、

 

山内夫妻と呼ばれるようになると、山田の名前は消滅する。

 

これって、川の名前に似ている。

 

山田川と山内川が合流すると、山田川になるか、山内川になるか・・・だ。

 

名前が残る方が主流で、名前が消える方が支流。

 

 

人の家系で言われるのは、主系・傍系。

 

主系は家代々の家系。

 

嫁入り・婿入りした家系が傍系。

 

 

日本は昔から、家を継ぎながら歴史を積んでいて、

 

古風な人は、先祖代々の〇〇を守らねば・・という意識が強いだろう。

 

家を絶やさないために、夫婦セットで養子にすることさえあったと聞く。

 

家を守るという考えだと、どうしても結婚したら「家」の名前になる。

 

嫁入り・婿入り先の名前になる。

 

これが、日本の普通だ。

 

 

けれど、結婚して姓が変わると、いろいろと書類を書き替えなきゃならないし、

 

「結婚しました」と挨拶してまわらなくちゃならなかったりするから

 

手間だ。

 

姓が変わったことで、相手から忘れられる恐れもある。

 

仕事では、下の名前で付き合ってないから、

 

面倒なことになる。

 

 

それが嫌で結婚したくない女性がいるとしたら、

 

選択的夫婦別姓もアリかなあと思う。

 

「結婚するな」とヤジを飛ばした自民党の女性議員は、

 

日本古来のしきたりを守りたいのだろう。

 

ヤジではなく、意見として言ってほしい。

 

 

しきたりを守ることが一番か、結婚しやすくなるのが一番か、

 

どっちだろう?

 

結婚しなくてもOKになるのが、良いかなあ。

 

失踪だなんて・・・

ショックなことがあった。

 

帰宅した夫から、「ズンが逃げた」と聞いた。

 

ズンとはベトナム人実習生のニックネーム。

 

優秀な人だと夫から聞いていたズンが失踪した。

 

ズンと同期の実習生が一人いるが、その人は失踪しなかった。

 

失踪しなかった人は、なぜ一緒に行かなかったかと問われ、

 

「怖かったから」と答えたそうだ。

 

失踪すれば失うものが大きいから怖いと思ったのかな・・・。

 

 

ズンと一度も会ったことがないが、

 

夫から何度か話を聞いて、すごく親しみを感じていた。

 

手作りの弁当を持参して節約していたと聞き、立派だなあと感心していた。

 

将来ベトナムでレストランを開きたいという夢を持っていたそうだ。

 

その夢は、今も持ってるのか?

 

失踪したら、社会保険がなくなる。

 

病気やケガをしたらどうするの?

 

働けなくなるほどの病気やケガだったら・・・

 

すごく心配になった。

 

失踪だなんて・・・すごくショック。

 

心に穴が開いてしまったような感じがする。

朝倉・ブリジストンが障害を理由に障害者を雇い止めした記事を読んで

西日本新聞の記事で、ブリジストン朝倉工場で障害者枠で働いていた自閉症スペクトラム障害の女性が、障害特性を理由に雇い止めされていたと知った。

 

コミュニケーションが苦手だと分かった上で採用し、

 

「他の従業員とコミュニケーションがとれない」という理由で雇い止めした。

 

・・・なんだこれは?と心の中で呟いた。

 

Aという不自由さを持つ障害者を障害者枠で雇用し、Aという不自由さを理由に雇い止めした・・・

 

Aを、例えば「足が動かない」に入れ替えてみると、

 

「足が動かない」という不自由さを持つ障害者を障害者枠で雇用し、「足が動かない」という不自由さを理由に雇い止めした・・・となる。

 

この場合、会社は誰からも酷い会社だと非難されるに違いない。

 

なのに、発達障害の困り事を理由にしたらOKにすり替わるの?

 

 

記事に、「障害者雇用促進法に基づく指針では障害を理由にした雇い止めを禁じており・・」と書かれていた。

 

朝倉・ブリジストンは、法律を犯して障害者を排除したことになるのだなあ。

 

 

前々からニュースで、障害者雇用身体障害者の雇用に偏っていると聞いてる。

 

身体障害であれば、職場環境を整えることができるが、

 

精神障害や知的障害などの場合、職場環境は悪いままで、都合の悪いことが起こると

 

障害者のせいにして排除してしまうのかなあ・・・。

 

 

心の痛む記事だと思った。

 

ブリジストンにできないなら、他でもできてないだろう。

 

不当な雇い止めをされて泣き寝入りする人が多いだろう。

 

働く能力を持っていても、コミュニケーションが苦手という理由で雇い止めされるなんて、もったいないことだ。

 

 

読みたい本が手に入らない

 読みたい本が手に入らない。

 

最近、日経新聞で紹介されていた「草の根の軍国主義」という本が読みたい。

 

日本はなぜアメリカと戦争したのか知りたいので読みたい。

 

図書館になく、

 

ネット通販で探すと、アマゾンで1万4千円とか8000円。

 

品切れ状態で、重版未定。

 

ぁぁぁ・・読みたいなあ。

 

手に入らないと、なおさら思う。

醤油トースト

子どもの頃から作って食べているのが醤油トースト。

 

食パンに薄く醤油を塗り付けて、フライパンでバター焼きにする。

 

それだけ。

 

私は好きだが、食べてくれる人はいない。

 

パンに醤油をつけるなんて嫌だと言われるが、

 

バターと醤油の相性は抜群で食パンが美味しくなるよ。

 

家族でこれを食べるのは私だけ。

 

なぜ、みんな食べんのか?

新しい電柱

散歩をしていたら、家の近くに2019年製の電柱が新たに建てられているのに気づいた。

 

その電柱には、まだ何も取りつけられていない。

 

近々、電線の架け替え工事があるのかもしれん。

 

もしも工事があるとしたら、

 

その様子を観察したい。