窓から外を眺める

専業主婦のつぶやき 

行きつけのラーメン店が倒産してしまい悲しい

昨日のローカルニュースで、「新型コロナ感染の影響で、福岡でラーメン店倒産」と言われた。

 

紹介された店の画像と店名を見て、思わず「嘘・・・」と声を出していた。

 

我が家が長年通っているお店が倒産した。

 

長浜将軍という店だ。

 

 

夫が学生の頃から友人と通っていた店で、

 

私と子どもたちは夫に連れて行ってもらった。

 

長浜将軍のすぐ近くに何軒もの長浜ラーメンのお店があり、

 

行列ができていた。

 

長浜将軍に行くときは、お昼の12時になる前の混んでない時間帯に行っていた。

 

 

私が長浜将軍で気に入っていたのは、あっさりめのスープの味だ。

 

刻んだネギが乗せられていて、ネギとスープをレンゲですくって飲み、

 

紅ショウガも辛子高菜も乗せずにラーメンを食べていた。

 

何も足さないのが好きだった。

 

麺を食べ終える前に「替え玉お願いします」と言って、麺のお替りを追加注文する。

 

一杯目の麺を食べ終える頃に、お店の人が麺を皿に乗せて持ってきてラーメンの器に入れてくれる。

 

麺の固さは、私はいつも「ふつう」。

 

夫は「固麺」。

 

夫は、食べ始める前に辛子高菜を多めにラーメンに載せていた。

 

長浜将軍の辛子高菜は辛かったから、私は遠慮していた。

 

夫にとって辛子高菜無しじゃ物足りないようだった。

 

 

私らが通っていたラーメン店は、

 

長浜将軍以外では、

 

大砲ラーメン

「龍の家(たつのや)ラーメン」

一風堂

一蘭

「暖暮」

 

息子のお気に入りは「龍の家ラーメン」。

 

息子は何回も替え玉していた。

 

店の人が「スープから替え玉」と言えば、スープも足してもらえると教えてくれた。

 

私はラーメンを食べる前に、無料のピリ辛のもやしを食べるのが好きだった。

 

もちろんラーメンも好きだったし、チャーシューも好きだった。

 

 

大砲ラーメンも・・・・

 

ラーメンについて、考えると幸せな気持ちになる。

 

なのに、長浜将軍が倒産しただなんて・・・悲しすぎる。

 

車で福岡へ出かけたら、「長浜将軍に行こう」が決まり文句だったのに、

 

もう行けない。

 

とても寂しい。

 

新型コロナは志村けんを奪い、長浜将軍をも奪った。

咸生閣 倒産

昨日、帰宅した夫から

 

「吉井のかんせいかくが倒産した」

 

と聞いた。

 

筑後川沿いにある温泉だと記憶している。

 

筑後川の南側が吉井温泉、北側が原鶴温泉

 

「かんせいかく」は、南側にあるが、「原鶴温泉咸生閣」と言われている。

 

吉井なのに?原鶴?

 

 

咸生閣が倒産したと聞いて、ネットで確かめた。

 

毎日新聞に咸生閣倒産について

 

3月31日に倒産したと書かれていた。

 

 

外国人観光客が増えて盛り返したのに、コロナ感染で客が減って倒産だなんて・・・。

 

政府は観光業を支援すると言ってなかった?

 

 

こういう倒産について、ニュースで報じられない。

 

咸生閣で働いていた人たちは、どうなる?

 

 

次々に温泉旅館が倒産するかもしれない。

 

ならば、病気が収束した後にV字回復するのは無理だ。

 

 

新型コロナの流行は安倍政権に責任があると思う

ニュースで新型コロナ感染について見ると、

 

「若者が・・・」「若者が・・・」と若者が自粛しないからと言われている。

 

 

政府インターネットテレビに「安倍総理春節祝賀メッセージ」の動画がある。

 

春節のころ、既に武漢で病気が発生していたのだから、

 

今の病気蔓延は、春節の休暇での観光客を歓迎する安倍政権の判断ミスで起こっていると言えると思う。

 

習近平の訪日が上手くいくように、国民の命を危険に晒したとも言えるんじゃないかな。。。

志村けんを死なせたのはヒトだろう

志村けんのファンではないのに、

 

夜、寝る前にとても悲しくなる。

 

加藤茶が、「国の宝奪ったコロナが憎い」とコメントしていたのを思い出し、

 

私は「コロナを広げた人が憎い」と思った。

 

 

武漢が封鎖されたとき、既に多くの人が移動していて日本にも観光に来ていた。

 

1週間早く都市封鎖していたら、今のような流行が防げていたんしゃないか・・・などと、

 

どうにもならないことを考えてしまって悲しくなった。

 

 

どうにもならない・・・。

 

政治家は、ぎりぎりの状態が続いていると言うが、

 

感染者が今以上に急激に増えてから対応するのなら、

 

武漢からの観光客がたくさん訪れたのを防げなかったのと同じことが起きるんじゃないかな・・・。

 

対策は後手に回る。

 

 

政府が中国に忖度せず対策していたら、今のようにならなかったのに・・・と言ったら、言い過ぎかな?

 

新型コロナウイルスが蔓延しないよう、国も国民も気をつけたら、

 

志村けんは死ななかったんじゃないか・・・

 

死なせたのはコロナと人なんだと思う。

 

志村けんの死を自粛に利用する政治家は冷たすぎる。

マスクカバー

ハルメクウェブというサイトで、使い捨てマスクにかぶせて使う「マスクカバー」というものが紹介されていた。

 

枕カバーのマスク版という感じ。

 

作り方を見ながら手縫いで作ってみた。

 

何枚か作ればコツがつかめるかもしれん。

 

一作目はマスクより大きなゆるゆるのマスクカバーになってしまい、

 

不格好。

 

 

マスクカバーは良いアイディアだと思う。

 

1枚の使い捨てマスクを長く使えるのが良い。

 

それと、マスク紐も買えないから、カバーを取り換えれば良いなら助かる。

 

使い捨てマスクを洗って繰り返し使うならば、

 

かなりマスクの節約になる。

 

 

これを考えついた人は、私のようにマスクに困っている者に優しいね。

 

ありがとう。

きゅうりの蛇腹切り

「家事ヤロウ」で、いろいろな家事が紹介されている。

 

たまに録画して見る。

 

たまたま見た回で、きゅうりの蛇腹切りが紹介されていた。

 

きゅうりを一本、まな板に乗せて、

 

きゅうりの上半分に斜めの切れ目を細かく入れて、

 

ひっくり返して同じ作業をすると

 

まっすぐだったきゅうりが、ヘビのようにくねくねとしたものになる。

 

それを一口大に切って和え物に使ってみた。

 

きゅうりの歯触りが、サクサクと軽くなり、

 

一噛みできゅうりがほろりと砕けた。

 

サクサクほろりのきゅうりは、とても美味しく感じられた。

 

切り方を頑張ったら、きゅうりはちょっとしたご馳走になった気がした。

 

ちょっと手間がかかるけど、タダ。

 

ズボラな私にも蛇腹切りができて嬉しかった。。。

 

ありがとう。「家事やろう」。

美容の節約について

駅前に安い美容院があると気づいた。

 

カットのみ980円。

 

シャンプー・ブローまでつけて2500円。

 

店名はIWASAKI。

 

「男性もどうぞ」と添え書きされていた。

 

一度行ってみたい。

 

今通ってる美容院と比べてみたい。

 

 

美容院にかけるお金を少なくして、肌ケアにお金をかけたいと思うようになった。

 

ホントは、いろいろと良いものを経験したい。

 

けれど、それをやるとお金が足りなくなる。

 

あれもこれもはできないから、ヘアカットのお金を削ろう。

 

 

私が住む地域だけじゃないと思うけど、

 

整骨院・歯医者・美容院がたくさんある。

 

競争が激しいかな?

 

美容師の募集広告も多い。

 

人手不足?

 

 

定期的に同じ美容院へ行くのだけど、

 

美容師の仕事は大変だなあと思う。

 

ヘアメイクの技術が良いだけじゃなく、お客さんとの接し方が難しそうだ。

 

っていうか、私には無理。

 

美容師さんとの会話から、上下関係の厳しさを感じる。

 

ちょっとのことで上下関係ができてしまうのかなあ・・・。

 

先輩が後輩をいじめるという話を聞いたことがある。

 

 

美容師さんの手荒れも気になる。

 

荒れて腫れている手で薬剤を扱ったり、シャンプーをしたりするのを見て、

 

手荒れを防ぐ働き方がないものかと心配になる。

 

 

美容室という職場のいじめや健康問題を考えていたら安らげないが、

 

とても気になる。

 

問題が客に見えてしまう過酷な職業なんだと思う。

 

 

で、私は安さを求めてしまうから、美容室にとって良い存在ではなさそうだ。

 

 

自分でできるヘアアレンジの教室があったら通ってみたいと思う。

 

もしも美容院でやってもらえるなら通いたい。

 

ありそうでない。

 

 

なぜヘアアレンジに興味があるかというと、

 

やはり、髪を整えるのにお金をかけたなくないからだ。

 

ユーチューブに様々なヘアアレンジの動画があり、本も売られているが、

 

自分にどういうのが似合うか、今の髪の長さで何ができるかが分からない。

 

 

 

以前、パーソナルカラー診断をデパートで受けたことがある。

 

デパートは嫌いだが、パーソナルカラー診断をして似合う色を見つけたくて行った。

 

似合う色と似合わない色が分かったら、洋服の買い物の失敗が減って節約に役立った。

 

 

だから、ヘアアレンジが学べたら、さらに節約できそうな気がする。

 

節約志向の客は、美容室にとって邪魔かな?